イタグレ・トトとつれづれ誌

めげない・懲りない・覚えない・・平和を愛するイタグレ・トトのつれづれなる日々です

早いもので。


本日は、先代・柴犬アキの三周忌です。


お散歩途中に撮影(2005/06/16)


20年近く一緒に過ごして、亡くなってからはまだ3年しか経ってないのに、なんだかすごく長い時間が

経ってしまったように感じます。




実はアキ、長生きしただけあって、このブログでもお馴染みのあの方たちにお会いしたことあるんですよ。



まずは、トトが大好きなイタグレ・あんずちゃん。

アキ、「時が止まってる」最中です(^_^;)
(2005/10/24 ドッグサミットにて)

あんずちゃんとは、お散歩も一緒に行ったことあります♪
アキに合わせて歩くと、かなりのスローペースになっちゃうのですが。



そして、ドッグサミットでご一緒した、「あずき屋」のあずきちゃん。

あずきちゃんと初体面

偶然、サミット後のドッグカフェでも一緒になり、遊んで貰いました。

この頃は、アキの白内障がかなり進んでいたし耳も遠くなっていたので、時折アキの「時が止まる」ことが
ありました~。

写真はぼーっと立っている最中、あずきちゃんにお尻を嗅がれている図。
(たぶん、アキは気づいてないな、これ)


モモちゃんとも初体面

そして、「モモ走ります」のモモちゃん。

この頃はまだパピパピだったので毛が短いですね。
あずきお姉ちゃんの真似して、アキのお尻を嗅ぎに来たところ。




3年前のお正月の風景
(2006/01/03)

おっと!忘れちゃならない、七味姉さん。

晩年は、よくこうして2匹揃ってお庭で日向ぼっこをしていました。





もちろん、アキとトトも何度も会ったことあるんですが、なぜか写真がほとんどない。


色々探して、やっと見つけた写真は・・。

分かりにくいですが、車で移動中の写真です。。。

うーーん、、イマイチ・・(-"-)



スポンサーサイト
  1. 2009/01/16(金) 22:20:51|
  2. 柴犬アキの思い出
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

アキの思い出


本日1月16日は、先代犬アキの2周忌です。

015-080116.jpg


17歳(か、18歳・誕生日不明)で、老衰により眠るように亡くなったアキ。

亡くなる半年程前から痴呆の症状が顕著になり、若いころと同じ飼い方では飼えなくなりました。

本日はいい機会なので、犬の痴呆について書きたいと思います。




近年は、ペットの寿命も延び、特に柴犬系の日本犬に痴呆の症状が多く見られるといいます。

主な痴呆の症状としては

・昼夜が逆転し、昼寝て夜起きる
・飼い主の呼びかけに反応しない
・夜中に一本調子の大きな声で鳴き続ける
・いくらでも食べる
・下痢をしない
・食べても食べても、やせていく
・トボトボと歩き続ける
・ひたすら一方方向へ前進し続ける
・前進ばかりで後退できない
・狭いところやコーナーから出られない

などです。(詳しくはこちら→犬‐痴呆犬‐痴呆2


結果から言うと、アキは上記すべての症状に当てはまりました。

058-080116.jpg

↑夜中に眠らず、とぼとぼと歩き続ける

   歳と共に、だんだん頭が下がってくる
   話しかけても触っても無反応
   飼い主だと判断出来ているのかもよく分らないが、体を撫でてやるとじっとしている  


059-080116.jpg

↑狭い所にハマると、後退することが出来ない

   円を描くように歩き続けるのですが(下に動画あり)、何か障害物などがあって進めなく
   なった時は、延々鳴き続ける
   また、何かにぶつかって転んだりした場合、自分一人で起き上がる事が出来ず
   起き上がれるまで、もがきながら鳴き続ける


一方方向に前進し続ける など 動画でどうぞ ←クリックで動画が別に開きます


このように、見ていると辛くなるような写真ばかりですが、先ほど紹介した「犬‐痴呆2」にもあるように

『痴呆に至る犬は、体を活発にする交感神経の働きが低下し、体をリラックスさせる副交感神経の
働きばかりが高まっていく、いわば”幸せ“な瞑想状態のなかで、ボケの諸症状が強くなるわけだ』

という言葉を読み、当時 いくらか救われた気がしました。



痴呆の症状が出てからも、まっすぐに歩けないとはいえ体は元気だったので、お散歩は毎日行きました。

時にはドッグサミットなるものにも参加して
028-080116.jpg

サルーキー君と記念撮影したり。
とっても楽しかったです。


痴呆になったとはいえ、アキは意思表示がはっきりしていたので、おしっこへ行きたい時や寒い時は
鳴いて知らせてくれました。

とっても飼い主想いのいい子なのよね、アキは。



そんなアキがとうとうご飯を自分で食べられなくなった時、色々悩んだ末にあげていたのがこちら。

089-080116.jpg

日に日に痩せていくため、とにかく栄養の高いものを取らなければと思い、用意したのがキャットフード。

昔、獣医さんから「犬にとってキャットフードはご馳走だよ」と聞いたのを思い出したので、
ついでに痴呆に聞くといわれるDHAを含んだマグロ味を購入してみました。

しかし、この頃のアキは物を飲み込みにくくなっていたので、このままでは食べれません。
そこで、犬用ゼリーを温め、その中にフードを入れて 再度固める。

こうすると、表面はつるりとしていて喉ごしも良いので、スプーンでアキの口の奥へ入れてやると
少しづつですが食べられるのです。

でも、今考えると、シニア用じゃなくてもっと高カロリーのパピー用をあげれば良かったな。



086-080116.jpg

そのうち、このご飯も食べられなくなり、おしっこの時以外はずっと横になる日々が数日続いたあと
眠るように虹の橋を渡ったアキ。


092-080116.jpg

すっかり痩せこけて、皮の下は骨ばかりでしたが、その顔は少しも苦しそうじゃありませんでした。



短い間だったけど、アキの痴呆に直に接したことで、色々と勉強になったと思います。

アキ、最期までありがとうね。


  1. 2008/01/16(水) 21:24:43|
  2. 柴犬アキの思い出
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

プロフィール

まりこ

Author:まりこ
・香川県高松市在住
・イタグレ・トト&ディオ、
 チワワのチワと暮らしてます

トト 2004.5.20生
   去勢済み♂ ブルー
   ・人には愛想抜群
   ・喧嘩を売らない買わない
   平和主義者(ビビりとも言う)
   ・食い意地が張り過ぎている
   のが玉にきず
   
ディオ 年齢不詳8歳位
   去勢済み♂ レッド
   ・07.11月 繁殖場からレスキュー
   ・08.2.2 我が家へ
   この日を1歳の誕生日に認定
   ・人が苦手なシャイボーイ
    
チワ ロングコートチワワ・♂
   推定6~7歳(去勢済み)
   ・左目は失明しているが、日常
   生活には問題なし
   ・09.10.12 ダンボールに入れられ
   捨てられている所を保護
   ・性格花丸のマイペース男児
   ・09.12.9 正式に我が家の子に

ニケ ♀  突然実家に現れた三毛猫
      猫初心者にも飼いやすい
      とっても良い子です
      避妊手術済・マイクロチップ有
      健康状態とっても良好!

めざせ!植樹

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

コメントありがとうございます♪

カテゴリー

月別アーカイブ

みんなで考えよう(↓クリックしてみてね)

ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対
with animals KAGAWA

幸せになって欲しいから

FC2カウンター

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する