イタグレ・トトとつれづれ誌

めげない・懲りない・覚えない・・平和を愛するイタグレ・トトのつれづれなる日々です

四国別格霊場 第7番~第9番



GWの暴飲暴食がたたって、今 吹き出物がすごい飼い主です、こんにちは。。。

法事もあったし、実家でBBQもしたし、キャンプ遍路に2回行ったしで (合間に仕事もしっかりして
忙しかった~)家でご飯を食べることがほとんど無かったからな~(^_^;)



さて、GW前半に行った キャンプ遍路2日目。

朝7時半。飼い主二度寝中~。
「ふわぁ~、おはよーです」

朝は寒かったので、しっかり日が昇って 気温が少し上がるのを待って、朝散歩へ。

赤い屋根の管理棟の正面が我が家の青いテント。こうやってみると、ちっさ!
キャンプ場・入り口側(赤い屋根の管理棟の右が入り口)

写真右の方の芝生は広場になっていた。そりゃ子連れも多いはずだ。
キャンプ場・真ん中辺り(まだ奥にサイトとコテージがある)


ここ、大洲家族旅行村は、キャンプ場と少し離れた場所に公園もあって、キャンプ場内から
管理道路(一般車両通行禁止)を通って 公園までウォーキングも出来るようになっている。

ディオっちが終始嬉しそうでした♪

ゆっくり40分位歩いて、朝散歩終了~。

朝ごはんを食べた後は、テント内で少しのんびり。
トトなんて、のんびりどころか、もう一泊ここで泊ろうかというくらいの勢いで、爆睡してました。

いいんだけどね、夏用だから!(負け惜しみ)
「ZZZ」   ↑腹側から見ると、胸の部分丸出しな遍路服(^_^;)

青いシートの上は固いからヤ なんだって。
「いーなー、ボクも日向で寝たいなー」 なディオっち。そんな恨めしそうに見られても知りませんよ


お昼寝でもしたいところだけど、ぐっと堪えて テントを撤収!


まずは、7番札所を目指して車を走らせ・・・ている途中で、つい最近オープンしたばかりの、大規模な
道の駅「八幡浜みなっと」の看板を見つけたため、急きょ 目的地を変更してそちらへ向かうことにした。

車がいっぱいで、離れたところに停めて歩いてきました

結構辺鄙な場所なのに、すごい人出!

八幡浜港に隣接している道の駅には、産直や物産品を売ってるマルシェと、活魚を直売している市場に
分かれている。

高速のSAにも、同じ店がじゃこ天の店を出してました

あつあつのじゃこカツを食べて、ぐるっと一通り見て廻り・・

まだお腹が空いてなかったので、控えめに。

さっき朝ごはん食べたばっかりだけど、もうお昼ごはんを食べることにした・笑

次に行ったら、またバーガーは買うな!

はもカツは、うたい文句通り ふっくらしていて美味でした~♪
そして、それほど期待して買ったわけじゃなかった、トロールバーガーが かなりワタシ好みで美味しかった!
お腹一杯だったにも拘わらず、ぺろりと完食しちゃったもんね。



すっかり寄り道したけれど、やっと本来の目的地へ。
移動込みで あと3カ所廻らないといけないので、シャキシャキ行くよー。



●四国別格 第7番 出石寺(しゅっせきじ)


横の鳥居と比較しても巨大
巨大な大師像。足元のおばーちゃんと比べると、その大きさが分かりますでしょうか

久々?の山門の写真。別格って山門のあるお寺が少ない気がする。
鐘楼門  一突きして、境内へ入りました

御本尊は、千手観世音菩薩
本堂

ちょっと風が出てきていました
大師堂

思わず シシ神様を思い浮かべました@ジブリ大好き
出石寺開山の導きをしたとされる、お手引きの鹿像


るるぶによると、参道に2kmにわたって紫陽花が植えられているとのことで、今が花の時期じゃ無かったのが
とっても残念。



●四国別格 第8番 永徳寺 十夜ヶ橋(とよがはし)


着いてから気付いたんだけど、テントを張っていたキャンプ場のすぐそばにあった十夜ヶ橋。
7番より先にこちらを参ったほうが、行ったり来たりしなくて良かったかも。。

御本尊は、弥勒菩薩
永徳寺 本堂

お参り後、納経し忘れたことを高速に乗ってから気付き、1区間分戻りました・・。 大師堂


永徳寺の隣に川が流れており、その橋の下が 十夜ヶ橋 と呼ばれる場所です。

GW中はどこへ行ってもツツジがキレイでした(でもまだ5分咲きくらいのところが多かった)
対岸の橋の下


行脚中の大師が 橋の下で一夜を過ごされたとされる地。
お遍路が橋の上で杖を衝かない風習は、ここが起源だそうな。

ここに鯉の餌が置いてあって(有料)、川には丸々と太った鯉がいーっぱい居ました!



●四国別格 第9番 文殊院(もんじゅいん)


松山市まで戻ってきて、16時50分頃にお寺に到着(納経所は17時まで)。間に合った~。

御本尊は、地蔵菩薩・文殊菩薩
本堂

TDCもお疲れ様~
大師堂


時間も時間だったので、手早くお参りをして帰ってきました。

で、この大師堂前での写真。 撮った時は気付かなかったけれど、帰ってから写真を見直すと
右端のほうで にゃんこがTDCをじっと見つめていました♪

可愛いお見送り♪
しかし、TDCてば全然気付いてなかったし・苦笑



以上、相変わらず記事をまとめられないせいで、長々となってしまいましたが、
おつきあいありがとうございました~♪

ワタシは帰ってから、ご飯とお風呂を急いで済ませて 仕事へ向かいました・・(T_T)
おかげで翌日は、一日撃沈でした~。




スポンサーサイト
  1. 2013/05/10(金) 17:33:09|
  2. 犬連れお遍路さん(別格20)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<お疲れサマー | ホーム | 四国別格霊場 第6番 &国安の郷>>

コメント

わぁ~私も行きたかった『八幡浜みなっと』!!アゴラマルシェありますよねぇ?!?
GW 高知からの帰り・・・宇和島から帰ってここへ寄りたいッとカイソニーに訴えたら・・・
帰り道じゃない!ッと却下されました。。。
ワンコも敷地内?!入れるんですねぇ~ヽ(・∀・)ノ
ッて・・・お遍路でないところばかり食いついて・・・スミマセンヾ(´▽`;)ゝ
お天気良くッて~キャンプ遍路日和でしたねぇ~♪♪
  1. 2013/05/11(土) 15:44:42 |
  2. URL |
  3. カイソア #-
  4. [ 編集]

e-68カイソアさん
あははー、いいんですよ、お寺の写真ってどれも同じようなのばかりなので
自分で載せていても、あんまり面白くないんだろなーって思ってますから・爆
もっと、ハッと人目を惹くような写真が撮れれば、お寺の写真も面白いんだろうけど~。。

みなっと、やっぱり愛媛の人はご存じなんですねー。
ワタシ、愛媛の観光地などを検索してて、初めて知りました~。
アゴラマルシェ、行きましたよ~♪
でも、狭い通路にかごを持った人がわんさか居て(みんなガッツリ買う気満々!)
TDCを外に待たせてるしで、じっくりゆっくりは見れませんでした~。

カイソニーさーん、宇和島の鯛飯も美味しいし、マルシェにも美味しそうなものが
たくさんあったので、夜ご飯代わりに?寄ってあげて~・笑
  1. 2013/05/12(日) 02:43:16 |
  2. URL |
  3. まりこ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://igtotoblog.blog100.fc2.com/tb.php/1175-9db660e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

まりこ

Author:まりこ
・香川県高松市在住
・イタグレ・トト&ディオ、
 チワワのチワと暮らしてます

トト 2004.5.20 生
   去勢済み♂ ブルー
   ・人には愛想抜群
   ・喧嘩を売らない買わない
   平和主義者(ビビりとも言う)
   ・食い意地が張り過ぎている
   のが玉にきず
   
ディオ 年齢不詳10歳位
   去勢済み♂ レッド
   ・07.11月 繁殖場からレスキュー
   ・08.2.2 我が家へ
   この日を1歳の誕生日に認定
   ・人が苦手なシャイボーイ
    
チワ ロングコートチワワ・♂
   推定8~9歳(去勢済み)
   ・左目は失明しているが、日常
   生活には問題なし
   ・09.10.12 ダンボールに入れられ
   捨てられている所を保護
   ・性格花丸のマイペース男児
   ・09.12.9 正式に我が家の子に

ニケ ♀  突然実家に現れた三毛猫
      猫初心者にも飼いやすい
      とっても良い子です
      避妊手術済・マイクロチップ有
      健康状態とっても良好!
      2015年 春生まれ

めざせ!植樹

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

コメントありがとうございます♪

カテゴリー

月別アーカイブ

みんなで考えよう(↓クリックしてみてね)

ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対
with animals KAGAWA

幸せになって欲しいから

FC2カウンター

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する