イタグレ・トトとつれづれ誌

めげない・懲りない・覚えない・・平和を愛するイタグレ・トトのつれづれなる日々です

第20番札所


日曜日は雨予報だったので、これ幸いと 一日寝て過ごしたTDC家です、こんにちは。

いや、というのも 前日にまた歩き遍路へ行ってまして。
今まで歩いた中で最長記録だったので、ヒトも犬も疲れちゃってたのです~。

ということで、先日の土曜日のお遍路の記録です。


今回は、20番・鶴林寺(かくりんじ)と 21番・太龍寺(たいりゅうじ)へ。

歩き遍路の難所として、「1に焼山、2にお鶴、3に太龍」と呼ばれる、その2と3を攻めようかと。

歩くルートはこちら。

fc2_2015-02-23_05-00-51-510.jpg

地図上部の赤文字で書いた 道の駅かつうら から、鶴林寺→太龍寺を参拝して、
そのまま次の札所へ続く遍路道(地図赤線部分)を歩いて、道の駅わじき がゴール。
わじきから かつうら までは、またタクシーを利用して戻る予定。


ということで、まずは道の駅かつうらへ。

歩く距離が長いので、朝7時過ぎに家を出て、9時には道の駅へ到着しました。

そうそう、この道の駅は「ひなの里 かつうら」という名前の通り、春にはたくさんのひな人形を一堂に飾る
ビッグひな祭りが行われています。

今年は2月22日~4月5日までですって。
残念ながら ワタシ達が訪れたのは、2月21日。ビッグひな祭りは翌日からだった~。

でも♪
外から建物内の様子をうかがっていたら、中で準備をしていた方が「まだ準備中だけど、入って見ていーよ」
と、中に入れてくれました~。ありがとうございますっ!

P1200012 (600x450)

P1200013 (450x600)
大迫力! 高さ約8メートルの100段の雛壇

ひな人形だけじゃなく、市松人形や 子供の手遊び用人形、外国製?のドールなども。

お内裏様とお雛様もたーくさんいらっしゃって、みんな顔が違うの。
その中で、ワタシの好みのお雛様がこちら。

P1200016 (600x442)
んー、美人さん♪


ひな人形を堪能したら、隣接する 産直市場へ。

P1200018 (600x450)

ここで、朝ごはんと お昼用のおにぎりを購入。

P1200019 (600x450)

朝ごはんは、でっかい カンパチの握り。美味しかった~♪


で、10時をまわった頃、やっと歩き遍路へ出発~!
道の駅から鶴林寺までは、3.6kmだそーですっ!

P1200020 (600x440)
道の駅の裏側から、遍路道へ合流。

P1200021 (500x364)
立派な秋田犬に見守られつつ♪

P1200022 (600x450)

すでに 地味~に登り坂ですが・・・ ここからお寺までは、見事に登り道ばかり!
さすが、歩き遍路の難所だけありました。

P1200025 (600x450)
途中で、おじさんが走って追いかけて来て、写真撮って行ったよ・笑


P1200026 (500x375)

そして、いよいよ 登りがきつくなり、身体が汗ばんできたところで・・

P1200029 (600x450)

ちょうどよく、お遍路さんのための休憩所が。
茅葺き屋根の、キレイな建物でしたっ♪

でもまだ疲れるほどは歩いてないので、ここでは上着だけを脱いで 来たる山道に備えましょう。

P1200032 (600x450)

なんだか雰囲気のいい細道から、

P1200036 (600x435)

はい、来たー!
アキレス腱が伸びきるほどの急な登り。

ここまで道に角度がついていると、ヒトは階段の方が登りやすいんだけど、
犬達は大抵 坂道を通るよね。

この坂の途中に、水呑大師という水場があったので、TDCにお水を頂きました~。

P1200038 (600x450)

P1200045 (600x450)
「ごっくごっく♪」


P1200049 (454x600)

そして まだまだ登る!

P1200055 (600x439)

かなり歩いた気分でしたが、まだ1100Mもある!
登り坂の100Mって、長いんですよね~~。

P1200058 (600x450)

途中、気持ちのいいなだらかな山道になったと思ったら、急に木々が切れて眼下に景色が広がりました。

P1200062 (600x450)

優雅に流れる那賀川。
それに、本日2番目に訪れる予定の太龍寺も見えるんだって。

で、すぐ横にあった看板に、太龍寺への遍路道が書かれてあったんだけど・・


P1200063 (

ま、ざっくり こんな感じ。

あははは。 心が折れないように、笑ろとけ・笑ろとけ!(T▽T)
これも修行のうちだわ!


気を取り直して、まずは鶴林寺を目指さなくちゃ。
もう目と鼻の先まで近づいているハズ。

で、出発から 1時間40分。やっと、鶴林寺の山門へ到着しました!
お疲れっ!

P1200064 (700x525)


P1200066 (600x450)

鶴林寺と言うだけあって、山門には仁王様と並んで 鶴の像が。
本堂の横にも鶴の像があったので、鶴バックに記念撮影。

P1200067 (600x432)

確か、前回来た時には雪が残ってたよなぁ、と過去記事を調べてみたら、
11年2月20日に来ていたらしい。今回と ほぼ同時期だったのね。

今回は雪が無くて良かった。
あの急坂に雪があったりしたら、とても登り切れていないと思う。


参拝後、ちょっと早いランチタイム。

P1200070 (600x450)
ささげを使ったお赤飯のおにぎり。
(実はささげを食べたの、初めてかも。 西日本?じゃ、お赤飯は小豆が一般的で ささげって珍しくないですか??)



次に向かう太龍寺までは、約6.6km。

一旦 川まで下って、また登る という道のりです。頑張ろうっ!



長くなったので つづく。




スポンサーサイト
  1. 2015/02/23(月) 10:59:30|
  2. 犬連れお遍路さん(四国88・2周目)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<気になるデキモノ | ホーム | 抱っこ記念日>>

コメント

お雛様スゲ~! もはや山ですね(笑)
さすがにコレだけ人形あったらちょっと怖いな~

カンパチ大好き~♪
そ~いや昨日、鮮魚運搬トラックに『黄金かんぱち』なるものがデカデカ書かれててすごくきになったな~ 関係ないけど

いやいや、赤線のルート、すでにお遍路さんじゃなくて登山ですやん(汗)
歩き遍路は冒険だな~
  1. 2015/02/23(月) 12:25:21 |
  2. URL |
  3. イタグッチー #-
  4. [ 編集]

e-477イタグッチーさん
お雛様はまだ可愛らしいんですが・・日本人形がずらーっと並んでいると
ちょっと怖い気もするかも(^^;)
思わず、髪が伸びてる人形が居ないか、確かめてしまいました~・苦笑

ワタシの持ってる遍路本に、「お遍路は世界に誇れる日本のロングトレイル」と
書かれてましたが、ホントにその通りですよねー。
迷子の心配が少ない、安全な冒険です・笑
  1. 2015/02/24(火) 05:11:44 |
  2. URL |
  3. まりこ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://igtotoblog.blog100.fc2.com/tb.php/1363-23481da8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

まりこ

Author:まりこ
・香川県高松市在住
・イタグレ・トト&ディオ、
 チワワのチワと暮らしてます

トト 2004.5.20 生
   去勢済み♂ ブルー
   ・人には愛想抜群
   ・喧嘩を売らない買わない
   平和主義者(ビビりとも言う)
   ・食い意地が張り過ぎている
   のが玉にきず
   
ディオ 年齢不詳10歳位
   去勢済み♂ レッド
   ・07.11月 繁殖場からレスキュー
   ・08.2.2 我が家へ
   この日を1歳の誕生日に認定
   ・人が苦手なシャイボーイ
    
チワ ロングコートチワワ・♂
   推定8~9歳(去勢済み)
   ・左目は失明しているが、日常
   生活には問題なし
   ・09.10.12 ダンボールに入れられ
   捨てられている所を保護
   ・性格花丸のマイペース男児
   ・09.12.9 正式に我が家の子に

ニケ ♀  突然実家に現れた三毛猫
      猫初心者にも飼いやすい
      とっても良い子です
      避妊手術済・マイクロチップ有
      健康状態とっても良好!
      2015年 春生まれ

めざせ!植樹

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

コメントありがとうございます♪

カテゴリー

月別アーカイブ

みんなで考えよう(↓クリックしてみてね)

ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対
with animals KAGAWA

幸せになって欲しいから

FC2カウンター

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する