イタグレ・トトとつれづれ誌

めげない・懲りない・覚えない・・平和を愛するイタグレ・トトのつれづれなる日々です

無事、七味を送り出しました

昨日午前中に、七味姉さんを庭の一角に埋葬しました。

小さな体はあっという間に土に還ることと思います。





七味が流動食生活にはいってしばらくは、それはそれは激しく抵抗し、毎日私の手に引っかき傷が
増えたのですが、それも1週間を超える頃には新しい傷が出来なくなりました。

嫌がりはするものの、払いのけようとする足は力を失い、私の手に届かずに空を切る方が多くなって
いきます。



そして、七味が亡くなる前日の夜、いつものように強制給餌を行っていましたが、その時にはもう
ほんの少しの水分しか飲み込めなくなっていました。

無理に口に入れても飲み込まず、そのうち口の端から流れて・・。


その時はそれ以上与えるのを止めました。




そして、27日の朝4時頃。

給餌の際に、七味を出して一度床においたのですが、自分でうずくまっている姿勢すら取れなくなり
頭の方からふぅっと、横に倒れてしまいました。

起き上がろうにも自力で立てず、手足をばたつかせるだけ。


それを見ていよいよダメだと思い、強制給餌を行うのを止めました。

弱った体に栄養分を何も与えない事は、死を意味する事になりますが、死なず生かさずの給餌を
これ以上続けて、七味の苦しみを長引かせるのは、七味に生きていて欲しい私のエゴだと思ったからです。


もちろん、迷いもありました。
私の行いが、七味の命を握っていると思うと、怖かったです。


しかし、そんな時に「安楽死」について書かれた記事を読みました。


>日本でよくあることなのですが、犬がガンやその他の慢性疾患により立てなくなったときに日本人は安楽死を選択しません。
犬がどれだけ痛みを持ち、立てない・歩けないことで精神的な【苦しみ】を抱えるか日本人は軽んじてみています。
犬が動物として本来持ち合わせる正常行動を発揮できないと言う苦しみを考慮するよりも、本能で備わっている食欲というものをその個体の生きたい力と理解し、そのまま犬に苦しみを与えたままいよいよその苦しみと痛みが極限に来るまで生かします。


これは、「七味が自分でご飯を食べる間は生きたいと考えているんだ」と思っていた私に衝撃を与え
同時に、強制給餌をやめた事によって感じていた罪悪感を、少し軽くしてくれました。


もちろん、みなさんお分かりだと思いますが、これは安楽死を簡単に考えているわけではありません。
あくまで最終手段であって、動物のためを思った「尊厳死」であるとご理解下されば幸いです。



私自身、病気のペットを安楽死させるという考えに、抵抗がありました。
動物が自ら死にたいと思うはずはなく、安楽死を選択する事は、ペットが苦しむ姿を見たくない
飼い主側の言い訳だと思ったからです。


そのことを正直にドイツの獣医師 Kyoko Alcherさんに伝えたところ、このような一文が。


>動物は自ら命を断つことができないということを考えると動物は常に一方向「生きる」ということしかできないわけで、しかしそれはこの場合の動物が耐える痛みと苦しみというものをどこまで動物個体に背負わせるかが問題なのです。
弱った動物でさえ「生きたい」とがんばっているのではなく、彼らは「生きることしかできない」のです。

辛い言葉でしょうけれど「生きることしかできない苦しみ」というものがお分かりになりますか?




もう目から鱗でした。
安楽死についてもう少し詳しい話を読みたい・考えた方は、
ひよりさんの「ラブラドール日和」か、kyokoさんの「Bodai Blog」へどうぞ。



とはいえ、七味を病院へ連れて行って「安楽死させて下さい」ともいえず、結局強制給餌を止めて
約13時間後の夕方5時頃に、七味は息を引き取りました。


亡くなる日の午後は、仕事を休んで七味のそばについていました。

15時頃、七味を居間へ連れて来て、ホットカーペットの上に寝かせて、私もその横で添い寝しました。

七味が体勢を変える衣擦れの音や、口をもごもごと動かして歯がカシカシと鳴る音を聞きながら
うとうとし、たまに布団をめくって、息をしているかどうか確認する。

そんな事を繰り返していましたが、はっと気がつくと、もう七味が息を引き取っていました。
それが、16時55分頃のことです。


022-00229.jpg



そして、昨日の午前中、七味を土に還し、無事に送り出すことが出来ました。


以下は、七味が亡くなってからの写真ばかりとなりますので、見たい方だけどうぞ。。





息を引き取った七味姉さんを、毛布にくるんで撫でていました。

居間で七味とT&Dと一晩過ごしました

かなり長い時間 温かみが残っていて、本当は死んでないのかな、と何度も思いました。


その日は、居間で寝たのですが、初めてディオが一緒に寝たそうなそぶりをしました。

自分から布団の中へは入ってこないので、引っ張り込んで抱っこすると、そのまま朝まですやすや。
ディオなりに、何か感じてくれたのでしょうか。



翌日、七味を送り出す準備。


甘いものが好きだった七味にぴったりなケーキの箱に、藁の布団を敷いて、その上に七味を寝かせました。

菜の花が咲いてました。もう春ですね。

本当に眠っているだけみたいです。

穴を掘っている間、七味に最期の日光浴をさせていたのですが、日光を浴びたコートが温かくなって
まるで七味が生き返ったようでした。


動向を見つめるT&D

ふと見ると、トトとディオが並んで七味を見ていました。

最期のお別れ、してくれたかな?




サザンカの下に

七味は、庭の一角の、サザンカ(かな?)の木の下に埋めました。

これから毎年、ピンクの花を見て七味を思い出すだろうな。



では、長々と読んで頂き、ありがとうございます。

今から、退屈そうなT&Dを連れて、散歩に行ってきます!

スポンサーサイト
  1. 2008/02/29(金) 11:38:48|
  2. 七味姉さんの毎日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
<<ドキドキ!フリーラン | ホーム | 少しの間、お別れ>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/02/29(金) 17:46:52 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

長文でごめん

動物の安楽死。
生き物を真剣に飼っている人ならば、一度は考えてみることかもしれないですね。
もしも、私自身が瀕死の状態になったら、たぶん生を永らえるだけの延命治療は止めて欲しいんじゃないかと思います。
まあ、家族にしたら少しでも長く生きて欲しいと思うだろうってことも、よくわかりますが
もう絶対助からなくて、苦しいだけの生なら……と、考えてしまいますね。
人間はそういう意思を伝える機会があるけど、動物はそうじゃない。
食べること=生きる気力として考えるのが、一番自然なのかもしれない。
うちの先代犬アツ吉は、糖尿病で半年ほど毎日数回インシュリン打ってました。
最期の数カ月はどんどん痩せていって、七味姉さんと同じように、物が食べられなくて強制的に食べさせたりして、思えば辛いことを強いていたのかもしれません。
でも、死ぬ前日にヨロヨロ起き上がって、自分で水を飲んだときは、
「この子はまだ生きようとしてる。こんなに痩せ細ってもまだ生きる力がある。」
と思ったものです。

七味ちゃん、最期はまりこさんと一緒にいられたんですね。
良かった。幸せだったろう、不安はなかったろうと思います。
私は、アツ吉を独りで死なせてしまった。
それをずっと後悔していました。

七味ちゃんの思い出はきっと、楽しい優しい思い出になって、
まりこさんや七味ちゃんを知る人たちの中に残っていくと思います。
  1. 2008/02/29(金) 18:33:36 |
  2. URL |
  3. かおりん #-
  4. [ 編集]

腎不全で弱っていく猫に流動食や栄養剤を与えていましたが
飲み込む気力を失った時点で止しました。
動物は死をあるがまま受け入れます。
助かるものなら無理にでも体力温存を考えますが
天命であるならば、自然のままに見守っていこうと…。
いたずらに苦痛を先延ばしする 点滴治療もしませんでした。

   強制給餌をしても後悔、 しなくても後悔。
   でも、 『尊厳死』 動物にだってありますよね。

私の猫たちは、食べ物も受け付けずやせ細ってしまいましたが
最後は穏やかな顔で旅立って逝きました。

七味ちゃんと過ごした最後の時間、宝物ですね。
私もつきっきりで側に居たのに、
ほんの僅かのすきに ひっそりと息を引き取っていました。
哀しそうな私を残して旅立つには、辛かったのかな?
最後の瞬間に立ち会えなかったのは彼らの思いやりと自分自身に言い聞かせています。

七味ちゃんの穏やかな まるで眠っているようなお顔。
「最後は静かに迎えたよ。 だから心配しないでね。」
そんなお別れの言葉が胸に響きます。
  1. 2008/02/29(金) 21:33:49 |
  2. URL |
  3. ちぃ #ULPF8vT6
  4. [ 編集]

私は4年前に覚悟を決めました。
その後、何とか生き延びて今まで来ています。
その時に夫婦で一定以上のことは止めようと決めました。
食事を取り、それを消化吸収すると言うことは大量なエネルギーを必要とします。
弱った体にはそのエネルギーさえも無い場合があります。
本来ならば食事をせずにエネルギーを蓄えなければならない時に
飼い主を喜ばせる為だけにもの凄い無理をして犬は御飯を食べるのです。
朝から調子が悪く御飯を食べないと言ってたチャッピーが私が帰宅すると御飯(その時は手作り食)を食べたんです。
あー良かった、大分良くなったねー、と呑気な話をするバカ飼い主達。
後でその食事の話を聞いてどれほど落ち込んだことか。

つい関係のない話をしてしまいました。
七味姉さんのご冥福をお祈りしています。
  1. 2008/02/29(金) 22:26:43 |
  2. URL |
  3. アプロ #GCA3nAmE
  4. [ 編集]

涙が出ました。
ケーキの箱に入っている七味さん、可愛いです。そんなに小さな体だったんですね。甘い香りに包まれての日向ぼっこは嬉しかったでしょうね!
うちも、ペロ(賢蔵の前に飼ってた犬)は彼岸花。賢蔵はタンポボなんですよ(^^)七味さんはサザンカですね~。
  1. 2008/03/01(土) 05:34:01 |
  2. URL |
  3. ぽっけ #SVUff9GE
  4. [ 編集]

とても安らかに見えます

初めまして。ひよりと申します。
このまりこさんでしたか!実は以前1,2度「イタグレ」で検索し、拝見しました。
その時、「プレーリードッグ!」と驚いて印象的だったのに、Kyokoさんの所では
気付きませんでmm。あとあずきちゃんとこのも、わたしデス。趣味が似てました、、?
七味ちゃん、とても安らかに見えますよ。
見取ってあげられたのが、なによりだと思います。
安楽死については、わたしは「自分だったら」のラインで決断するだろうと思います。
わたしは長引くだけの延命はして欲しくないので、バスキアにもそうできるだろうと。
でも、いざ息をする愛するものを前にしたら、「なにをしてでも」「奇跡を待ちたい」と
思ってしまうだろうとも、想像できてしまいます。
信頼するお医者様が、「もう苦しいだけで望みがないのだ」と断言してくれれば、
それを頼りに決断するでしょう。
わたしもkyokoさんのお話で、よく目から鱗です。今回は、「日本は逆で、病気で延命し、邪魔だからとどんどん殺す」社会だと気付かされ、ちょっとショックでした。
愛するものがあると、いろんなことに気付いていくし、勉強するものですよね、、。
どうぞ、トトくんたちの為に、また明るく笑ってください!
七味ちゃんも、笑顔のまりこさんを、見たいはずです、、。
  1. 2008/03/01(土) 11:12:50 |
  2. URL |
  3. ひより #-
  4. [ 編集]

お疲れ様でした。
大丈夫?じゃないよねぇ。
今ブログ見たよ。七味逝っちゃったのね。

あぁ・・・なんだろ、何も言葉がでてこない。
ただ思うのは七味はすごく幸せに生きたと思うよ、絶対。
あと、もっといけてる写真を七味と撮りたかったな。
あんないつ撮ったかわからない写真しかないなんて・・・
今見てもひどい。でも宝物だわ。

でもホントよく決断したね。
決断した人にしか気持ちがわからないと思うからなんとも言えない。
まり子ちゃんの決めたことなので、これでよかったと思う。
今頃アキと一緒にいるんじゃない?
安楽死のTV見たことあるけど、自分が同じ立場に立ったらどうするか考えたけど、わからないまま考えるのやめたわ。

あぁ、ますます何書いてるかよくわからなくなったけど、元気出してね!!



  1. 2008/03/01(土) 17:49:14 |
  2. URL |
  3. リヴママ #-
  4. [ 編集]

v-254かおりんさん
そうですね、自分だと延命治療して欲しくないわ。
苦しいのも嫌だし、残された人も辛いだろうと思うし。
でも、自分はそう考えた事を伝えることが出来るけど、七味には伝える術が
ないので、どうしていいものか色々と迷ってしまいました。
伝えれないからこそ、飼い主がしっかりしないといけないのにね。
アキの時は、私が仕事に行っている間に亡くなってしまったので
今回は七味のそばで居られて良かったと思います。
お庭に埋めたから、いつでもお墓参り出来るしね。。。

v-254ちぃさん
この間のブログでラムセス君の注射器、拝見しました。
うちにも、七味の齧った痕が残っている注射器が2本・・。
どうしましょう。。
七味のケージもまだ手つかずで、七味の匂いを残したまま玄関脇に
置かれています。
玄関を通るたびに、七味の丸いお尻が見えるような気がするのですが
これも近々片付けないといけませんね。
七味のものが無くなっても、思い出はたくさんあるのだから、大丈夫ですね!

v-254アプロさん
チャッピーちゃん、今はとても元気で本当に良かったですね!
犬は飼い主を喜ばそうと無理をするという話、私も聞いたことあります。
また、少し調子の悪い時ほど、悟られまいと元気に振る舞ったり
逆に「ボク、身体が変だよ」と必死で訴えようとまとわりついてくるのを
飼い主側が、可愛いね・甘えん坊だね、で終わらせたり。。
自分の責任下で飼っているペットである限り、その「生」すべてに責任を
もたなければ、と強く痛感しました。

v-254ぽっけちゃん
食いしん坊だった七味にぴったりでしょ、ケーキの箱。
お布団にした藁も、菜の花も、全部食べられるし、おやつもいっぱい
入れておいたので、きっと向こうでもぐもぐ食べてくれてると思うわ。
夏頃には、今の家を出て新しい家に引っ越すんだけど、新し家にも
サザンカ植えようかな。。

v-254ひよりさん
この度はお世話になりました。
ひよりさんも色々とお勉強されていて、頭が下がります。
延命治療って、やっぱり飼い主側のエゴである場合が多いですね。
今までの考えが一変した出来事でした。
確かに、自分の場合で考えると回復の見込みがないのに延命だけだなんて
嫌だわ。そういえば、脳死状態になった時の為に、臓器提供カードいつも
持ち歩いてます。
あ、ひよりさんのブログ、よく見て見るとまーくさんからのコメントもありましたね。
あきと君ともお友達ですよ♪世間て狭いですね!

v-254リヴママ
そうそう、あの写真、とっても貴重だよ。
七味は大きくなってからの方が人見知りが激しくて、あまり人に抱っこさせたり
しなかったから。
変な話だけど、七味が亡くなる前の方が精神的に辛かったかな。
今はいろんな人から励ましやお悔やみの言葉を貰って、気持ちが少しずつ
落ち着いてきたというか、七味の死を受け入れたというか。。
悲しいことがあった時は、それを言葉にした方がいいんだって。
ブログに文章で書くことによって、気持ちの整理が出来てきたのかも。

  1. 2008/03/01(土) 23:07:57 |
  2. URL |
  3. まりこ #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/03/04(火) 22:43:11 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://igtotoblog.blog100.fc2.com/tb.php/168-5db521a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

まりこ

Author:まりこ
・香川県高松市在住
・イタグレ・トト&ディオ、
 チワワのチワと暮らしてます

トト 2004.5.20 生
   去勢済み♂ ブルー
   ・人には愛想抜群
   ・喧嘩を売らない買わない
   平和主義者(ビビりとも言う)
   ・食い意地が張り過ぎている
   のが玉にきず
   
ディオ 年齢不詳10歳位
   去勢済み♂ レッド
   ・07.11月 繁殖場からレスキュー
   ・08.2.2 我が家へ
   この日を1歳の誕生日に認定
   ・人が苦手なシャイボーイ
    
チワ ロングコートチワワ・♂
   推定8~9歳(去勢済み)
   ・左目は失明しているが、日常
   生活には問題なし
   ・09.10.12 ダンボールに入れられ
   捨てられている所を保護
   ・性格花丸のマイペース男児
   ・09.12.9 正式に我が家の子に

ニケ ♀  突然実家に現れた三毛猫
      猫初心者にも飼いやすい
      とっても良い子です
      避妊手術済・マイクロチップ有
      健康状態とっても良好!
      2015年 春生まれ

めざせ!植樹

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

コメントありがとうございます♪

カテゴリー

月別アーカイブ

みんなで考えよう(↓クリックしてみてね)

ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対
with animals KAGAWA

幸せになって欲しいから

FC2カウンター

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する